ナチュラルキラー細胞とは、natural Killerと言う通り、人間の血液の中に存在するリンパ球の20-30%を占めており、人間に対して有害な細胞やウィルスを攻撃して殺すという重要な免疫についての細胞の1つです。

NK細胞の活動が減少すると免疫不全を引き起こしいろいろな病気や障害が出てきます。

悪性疾患、慢性的な病気、自己免疫の病気、遺伝子の病気、後遺障害などです。

同時に、ストレスや劣悪な生活習慣、齢を取ることなどでもNK細胞の活力が減ることも言われています。

そもそも、NK細胞が発見されたのは、1975年というわずか40年前ですので、研究もまだまだ完全ではないのですが、NK細胞の重要性はますます高まっています。

NK細胞の活動について

NK細胞は、人体に元々は存在しないウィルスなどの異物や自分の細胞であっても変化して声質が変わったものを見つけて攻撃します。

人体には、毎日、5000~6000個も多く悪い細胞が生じています。

これらの良くない細胞を放置しておくと、人体に悪い作用が始まり、病気になってしまうので、NK細胞が全部攻撃して死滅させています。

どうやって攻撃しているかというと、NK細胞は対象となる細胞に穴を開けるタンパク質や細胞を死滅させるようなタンパクを持っているからです。

いつも体内を見回って、人体を感染症やいろいろな病気から守ってくれています。

加齢とNK細胞について

NK細胞は、人間が誕生した時には、比較的数が少なく、歳を重ねるに連れて増えていきます。

ただし、数は増えていきますが、その活力は低下していき、活性が高くなければウィルスや悪い西郷を攻撃する力も弱まります。

一般的にはNK細胞は20代が最大数となり、その後はしだいに減っていって50代では約50%、70代では約10%になります。

NK細胞は、インフルエンザのウィルスや風邪ウィルスも攻撃します。

子供やお年寄り、心臓や腎臓などの合併症がある人がインフルエンザや風邪になりやすかったり、美容機が重くなっていく原因の1つにNK細胞の活力が低くなってしまうことがあります。

それでは年齢が高くなっていくにつれて、NK細胞の活力が低下するのは自然なことで諦めなければならないのでしょうか。

そうじゃなくて、NK細胞の活力が増す方法が幾つか存在しますので紹介します。

NK細胞の活力を増す方法

NK細胞の活力を増す方法は、実は免疫を強くするだけではなく、自律神経のバランスを取るためにも有効な方法です。

人体は、免疫、神経、ホルモンなどがバランス良く調整されており、このバランスを保つことが健康のために大切です。

生活習慣を良くする

バランスに取れた食事をして、無理のない運動をするようにするとNK細胞の活力が上がります。

肥えすぎると免疫力を下げ、感染症を患いやすくなると言われていますので、体重は重くなりすぎないようにしましょう。

不十分な睡眠も免疫力向上には大敵です。
お酒も適当にしてタバコは百害以上ですのやめましょう。

笑いましょう

笑いは免疫力を上げる効果があります。

可能ならば1日5分以上は声を上げて笑うようにすれば、NK細胞の活力も増します。

鏡の前に座って、笑顔を見るようにすれば効果があります。

ストレスには気をつけて

ストレスをためるとNK細胞の活力が低下します。

今の時代、ストレスがない人はいないと思いますが、できるだけストレスを減らすように努力してください。

何らかの方法でリラックスるのが良いと思います。

体温が低くならないようにする

低体温気味の方、夏場でも足先や手先が冷える方は、免疫力の低下が疑われます。

靴下や手袋をしたり、首周りが冷えないようにしましょう。

シャワーを浴びるだけでなく、ゆったりとバスタブに漬かるのもストレス解消にもなり良いと思います。

新陳代謝が活発になるようなショウガや根菜類を食べるのも効果があります。

腸内環境を良好に
人体の腸には、全体の約60%から70%の免疫細胞が生息しています。

このことは、NK細胞の活力を高めるには、腸内環境を整えるが効果があります。

そのためには、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べるようにしましょう。

その他にも食物繊維は腸内細菌が食物繊維とともに結果的に免疫力を高めます。

野菜や豆類もその意味で積極的に摂りましょう。

腸内細菌が良好になると、免疫力が活発になり、ゼンソクやアレルギー、炎症性の病気を抑えてくれると言われています。、