1. ホーム
  2. 生活習慣
  3. ≫糖尿病 その食習慣が血糖値を上げる! ブロリコも効果がある?

糖尿病 その食習慣が血糖値を上げる! ブロリコも効果がある?

あなたが知らず知らずに食べているその食習慣が血糖値を上げていることをご存知でしょうか?
理想的な食べ方の5つを知って、身体に優しい食べ方にしましょう。

体に優しい食べ方を実践

人よりも早いスピードで食事をしたり、一気に平らげたり、1日に1食しか食べなかったり、夜遅くに夜食を食べるなどで食事の食べ方や時間が不規則になると、膵臓に早くインスリンを分泌するようにと腸が要請するタイミングが狂ってきます。
すると、能率よく糖を代謝できなくなり血糖値が急激に上がって糖尿病を発症することになります。
また、肥満、ストレス、運動不足、睡眠不足はセロトニンという幸せな気持ちや心の安定を感じさせるホルモンの出方を低くさせ、不安、イライラ、うつなどを悪くすることになります。
しかも、インスリンの分泌も低くなり、交感神経を刺激して腸の働きを悪化させ腸内フローラのコンディションにも良いことがありません。
糖尿病とうつ病もセロトニンとインスリンの出方が相互に作用して関係があるのかもしれません。
血糖値が急激に上昇するとそれを低下させるためにインスリンが出てきますが、その量とタイミングが合わないとインスリンの効果が高くなりすぎて低血糖糖発症することがあります。
高血糖と低血糖はコインの表裏のようなものです。
さらに血糖値が上昇すると腸内でのインスリンの作用が低くなるとともにアルツハイマー病の原因の一つとなるアミロイドβという物質が増加しやすくなることが知られています。
その逆に低血糖の状態が継続すると、脳の血管が細胞に傷害を与え脳のダメージによる血管性認知症を発症することにもなりかねません。
このようにコインの表裏である高血糖と低血糖は、食事をするごとに現れ血糖値が激しく上昇下降することが認知症の危険性を上げてしまいます。

血糖値を上げない食事方法

空腹感を十分にしてから食べる

朝昼晩の3食を規則的に間隔を取って、空腹感を十分にしてからを食べるようにしましょう。
できれば、家事や仕事、勉強を重点にして食事を後まわしにしないで、健康を考えて食事のタイミングを最優先にしてください。
空腹感があるということは、胃、腸、肝臓などの内臓器官に、働き出すようにと言う信号を伝達するホルモンを出させる契機になります。
そういうことから、おやつや間食、夜食などできるだけしないしょうにしましょう。

早食いはしないでたっぷり30分以上かける食事を

食事の量や食べる早さが多くても胃や腸はそれらに合わせて消化吸収しています。
早食いや大食で、腸の疲労が起こります。
腸の疲労は便秘や下痢にもつながり、腸内の環境を悪くしてしまい、メタボ、糖尿病、ガンなどになったりひいては老化を早めます。
食べる時30分以上も、しっかり噛んでゆっくり食事をすることで消化や代謝に欠かせないホルモンも適正に分泌されて、過食や血糖値が急激に上がることを防止できます。

ちょうど良いカロリーを摂取

食事の量を3割ほど減少させた猿は、満腹するまで食べた猿に比較しても毛並みが良くなり、生存期間も長くなることが知られています。
他の動物の実験研究でもインスリンが多い状態が継続すると、生存期間が短小になります。
過食を防ぐためには、ぜひ自分の体に適正な摂取カロリーを知っておいてください。
自分に必要十分な摂取カロリー量(エネルギー量)は身長と体重、生活習慣から計算して求めることができます。

食事の後には散歩などで軽い運動を

食事後は、一休みとしつつも長い間寝たり、運動をせずにいると糖分がそのままエネルギーとして消費されないために血糖値が低くなりません。
食べてすぐ寝ると「牛になる」と強く意識して散歩をしたり家事をしたり運動するようにしましょう。
ただし、糖尿病の薬を服用している方や食後の運動でめまいなどをした方は医師に相談してから食後の運動をするようにして下さい。

楽しく食べよう

育児や子育てが終わり、夫婦がそれぞれの思いで暮らし始めると、ともすると一人で食事をいただくこともありがちになります。
一人で食事をすると、つい食事の内容も簡便なものになりがちですし、使われる食材の種類も少なくなります。
また、早く食べるようになったり過食になったりで、孤独のあまり食事の美味しさも薄れ勝ちになります。
1人ですからマナーなどを心配せずに、堂々とテレビやネットを見たりして、笑ったり、独り言を言いながら、新聞や雑誌を読みながらでも構いませんので、食事を楽しくゆっくり楽しむようにしましょう。

自分の食事の仕方をチェック

次の事項にいくつ当てはまるか数えてみて下さい。

  • どちらかと言えば早く食べる
  • 食事の時間が一定でない
  • 食後はそのまま寝たりすることが多い
  • 油っこい料理を好む
  • 間食やおやつが多い
  • 野菜が好かないのでほとんど食べない
  • 夜も遅い時間に食事をすることが多い
  • お腹いっぱいに食べることが多い
  • ストレスを解消しようとしてに食べる事がある
  • 空腹でなくても食事をすることがある

腸内フローラを適正なコンディションにすることで、糖を代謝する色々なホルモンの分泌を正常にすることができます。
上記の食べ方に、いくつかのチェックがある方はチェックが解消するように食事の方法を改善しましょう。

ブロリコで食習慣の補強

食習慣の改善をすることで、血糖値を改善することは本当に大切です。
しかし、仕事や家事、勉強もあることでそうは言っても、なかなか理想的な食習慣を実施するのは並大抵のことではありません。
食習慣を改善しようとしても、かえってそれがストレスになれば逆効果になります。

そんな時には、あまり無理をせずにサプリのブロリコを試してみてはいかがでしょうか?

ブロリコは、野菜のブロリコから特殊なやり方で抽出された成分で、免疫力を強化する働きが認められています。
直接に、血糖値を下げる効果はありませんが、免疫力を向上させることで結果的に体調も良くなり、ひいては血糖値を下げることも期待できます。

ブロリコは、近くのドラッグストアーで買おうとしても売っていません。
ネットでしか購入できません。
AmazonやYahooショッピングでも購入できますが、次の特典を考慮すると開発製造元であるイマジン・グローバル・ケア社の公式サイトから買うことをおすすめします。
特典

  • 1箱目がモニター制度で半額
  • 不満な場合は返品不要で全額返金
  • 全国送料無料
  • 2箱目からも10%オフ

「ブロリコ」半額モニター募集

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから