1. ホーム
  2. ホルモン
  3. ≫糖尿病はホルモンと深い関係があります。

糖尿病はホルモンと深い関係があります。

お腹で分泌されるホルモンが血糖値に関係

血糖値を激しく上下させる原因は腸内細菌の可能性があります。

食前、食後で血糖値が大きく動き、お腹が空いている時に正常な血糖値の人でも、食事の後には糖尿病に非常アラートが点滅するほど高血糖になっているかもしれません。
その理由の一つは食事の時に糖を大量に摂取していることですが、近年の研究では腸内フローラが糖尿病にかかることと関係していることが分かっています。

新陳代謝に必要不可欠なインスリンは膵臓から分泌されるホルモンです。
実は、糖尿病は食欲や消化に関連する色々なホルモン分泌のタイミングが悪化しているのも発症の原因となります。

慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科教授の伊藤先生は一般向けに、「なんでもホルモン」(朝日新書)という書物を書いているほどホルモン分泌のエキスパートです。

なんでもホルモン 最強の体内物質が人生を変える (朝日新書) [ 伊藤裕 ]

伊藤先生は、ホルモンとは興奮を伝達する物質であると明言しています。
空腹時には、腹が減ったと消化器から脳に命令を出すグレリンというホルモンが分泌されます。
レプチンという名のホルモンは、脂肪細胞から分泌され脳の視床下部の満腹中枢に作用して食欲を抑えたり筋肉(骨格筋)でのインスリンの働きを上げて糖代謝を促がし交感神経を興奮させてエネルギー消費を増加させます。
しかし身体が肥えてくるとレプチンの働きが悪化しプチンの効果が出にくくなるため肥満の体重減少が大切です。

日本人の糖尿病患者と健康な人の腸内フローラを分析すると腸内細菌の数はほぼ同じでしたが、糖尿病の方の腸内フローラには悪玉菌と呼ばれる腸内細菌のパーセンテージが多いことが判明しました。
また、メタボや運動不足などで腸内フローラのバランスが不調になり、インスリンの働きが悪化することも報告されています。

血糖値のコントロールに関連するホルモンのほとんどは小腸、大腸、肝臓、膵臓などの消化器官から分泌されています。
そして脳を刺激して私たちの体を統制しています 。
脳は、全身のコントロールタワーですが、裏の司令塔として脳を稼働させているのは消化器官です。
消化器官の状態を正常にキープし、適正なホルモン分泌を促進するために腸内フローラが活動していると考えられます。
次の各項目で説明しているホルモンは、全部血糖値を管理するインスリンと無関係ではありません。、
血糖値が高い方は、メタボを取り去り、腸内環境を正常にすることを忘れないで下さい。
腸内環境の状況が悪化すると、悪玉菌が増加して便秘になったりするなど色々な毒素を生成して細胞に障害を与えます。
また、食欲を管理するホルモンの分泌にも悪い影響を与え、肥満、糖尿病、メタボリックシンドロームを発症させます。

体内でのホルモンの役割

人体のホルモンは100種類以上もあり、細胞で作られて血管などにより動き回り標的とした細胞を興奮させる興奮伝達物質です。

インスリン

膵臓が分泌するホルモンで血糖値を降下させる作用があり、インスリンが減ったり働きが悪化すると高血糖につながります。

グルカゴン

血糖値が下がりすぎると膵臓から分泌され、ブドウ糖を生成し血中に送り出して血糖値を上げます。

レプチン

脂肪細胞から出てくる食欲を抑えるホルモンですが、肥満が進行するとレプチンの働きが悪くなり、満腹感が出にくくなります。

グレリン

主として胃からお腹が空いた時に出てくるホルモンです。
食欲を奨めたり、脂肪の蓄積を促すなどの命令を出すほか、血糖値が高い時にはインスリンが出るように促します。

インクレチン

食事をすると小腸から出てくるホルモンです。
インスリンの分泌を促します。
脳に働きかけてグルカゴンの分泌を減少させたり食欲を抑えたりします。
胃にも作用して胃の活動を遅らせるなどして、不必要な血糖値の上昇を防止します。
膵臓を保護し、低血糖を起こしにくい糖尿病の治療薬としても使われています。

腸内フローラ

人間の大腸に存在する500から1000種類、100兆個の細胞の集まりで総重量は約2kgにもなります。
花畑のような形をしていて、様々な病気の発症に関係していると言われています。。
腸内細菌の代謝物は神経に働きかけて分泌を促します。