1. ホーム
  2. 肺ガン
  3. ≫肺がんとブロリコ

肺がんとブロリコ

肺ガンとは、気管支や肺胞の細胞が何らかの原因でガン化したものです。

肺ガンが進むと、ガン細胞が周囲の組織を壊しながら増えていき、血液やリンパ液の流れにのって拡散していきます。

肺から移転しやすい部位は、リンパ節、脳、肝臓、副腎、骨などです。

肺ガンは周知のように、タバコを飲む喫煙との関連がとても大きいガンです。

実際に統計によると、タバコを吸う人と吸わない人では、肺ガンにかかる確率は、男性で4.4倍、女性で2.8倍にもなります。

肺ガンの予防

日本人を対象とした肺ガン予防の研究がなされその結果は、次のとおりです。

肺ガン予防には、禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、運動、肥満しすぎない、痩せすぎ内、感染予防が効果的だとされています。

禁煙は、やはり肺ガン予防には一番大事なことです。

肺ガン予防には免疫強化も大事

免疫とは、病気の原因となる細菌、ウィルス、カビなどから体を守る働きです。

体が自然と持っている自然免疫と獲得免疫の2種類があります。

自然免疫力が高い人ほど、病気になりにくいと昔から知られています。

この自然免疫力が高ければ、肺ガンを含むガン一般にかかりにくいことになります。

しかし、残念なことにこの自然免疫力は、15歳を@イークに年齢が上がるに連れて低下していきます。

高齢者ほど、病気にかかりやすくなるのもうなずけますね。

肺ガンを心配する方には、免疫力を高めるサプリはいかがでしょうか?

肺ガンにもつながりやすい免疫良低下の兆候

免疫力の低下は、40歳ではピーク時の50%、70歳では実にピーク時の10%にもなります。

これでは、肺ガンと戦うには不安ですね。

肺ガンと戦う免疫力を高める新成分のブロリコ

ブロリコとは、東京大学とイマジン・グローバル・ケア社が共同で開発し、特許も取得しているブロッコリーの新しい成分です。

じゃブロッコリーを食べたら良いと思いがちですが、ブロッコリーを食べても肝心のブロリコ成分はそのまま排出されます。

人体で有効に作用するブロリコは、特殊な抽出方法で作成されたので、この特殊な方法が共同で開発されて、特許まで取得したものです。

免疫力を高めるものとしては、ブロリコの他にもアガリスクやフコダインも有名ですが、ブロリコは圧倒的にこれらを上回る免疫効果があるそうです。

実際に、免疫力の中心となる白血球のNK細胞と好中球を特に活性化させ、活性効果は他の食品成分などよりもはるかに高いということが実験により証明されています。

ブロリコの購入について

ブロリコは、残念ですが、薬局などに出かけても購入できません。

ネットだけで販売されています。

Amazonでも購入できるようですが、次の公式販売サイトでは4つの特典付きで購入できますので、こちらをおすすめします。

特典

  • 1箱目が半額
  • 満足できなければ返品不要で全額返金
  • 送料無料です。
  • 2個め移行も10%割引

購入前に詳しい資料が見たい方はこちら  ブロリコ研究所

ブロリコを初回半額で購入したい方はこちら  「ブロリコ」半額モニター募集