1. ホーム
  2. ブロリコ
  3. ≫腸内環境を整え免疫力を高めるにはブロリコで

腸内環境を整え免疫力を高めるにはブロリコで

飲食は人間には欠かせませんが、心配になるのは胃や腸です。

その中でも、大腸や小腸には大事な免疫細胞が60%もあります。

最近、腸の健康の良し悪しが免疫力に関係することが知られてくるようになりました。

腸と免疫力の因果関係を知ることに加えて、腸内の環境を整えていくことが健康を維持する上でも大切です。

腸は最も大事な免疫の巣です。

食事をするといで食べ物を消化し、腸がその食物の栄養を吸収します。

そればかりではありません、腸は食べ物を吸収するだけでなく、他にも重要なことをしています。

その中で主なものが、細菌やウィルスなどの病原菌が体に入ってくることを防止することです。

腸は体内器官ですが、外からの病原体の攻撃を防止する人間の体でも最大の免疫機関です。

もっと言えば、免疫期間の腸内で奮闘しているのが免疫細胞なのです。

腸内には、血液内のリンパ球である免疫細胞の約60%が生息しており、攻撃してくる有害な菌や細菌を迅速に捕捉して攻撃しています。

免疫細胞は便秘の解消と病気予防に大活躍

腸内で活躍している免疫細胞は、24時間の働き者です。

これらの活躍で腸内環境を整えて、次のような効果もあります。

  • 免疫力が向上し、風邪やインフルエンザなどの病気を防ぐ。
  • 花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾病を軽くする。
  • 内臓脂肪を制御して、動脈硬化や糖尿病などのメタボ疾患を予防する。

腸内環境を向上させ免疫力を上げるための具体策

腸内環境を向上させ、免疫力をアップさせるために具体的にすることは、良質な腸内細菌、いわゆる善玉菌を増加させることです。

よく言われることですが、腸内には乳酸菌などの善玉菌と有害な悪玉菌が混在しています。

ですから、悪玉菌が増加しないようにして、善玉菌が増えるようにすれば良いわけです。

ビフィズス菌、乳酸菌の入っている発酵食品を食べましょう

ビフィズス菌や乳酸菌などがたくさん入っているヨーグルトやチーズ、納豆、味噌、麹などの乳食品や日本の発酵食品を毎日でも食べることが腸内の善玉菌を増加させてくれます。

特に乳酸菌には多くの種類があり、ヨーグルトだけでもLG21乳酸菌、R‒1乳酸菌、プラズマ乳酸菌、ガゼリ菌SP株などの乳酸菌が入っていることが知られています。

各乳酸菌の特徴を把握して、乳酸菌飲料を選んで飲みましょう。

食物繊維をたくさん食べよう

食物繊維は、腸を通過する際に町の壁面を刺激して、免疫性を向上させたり、生活習慣病にならないようにしてくれます。

従って、毎日、食物繊維がたくさん入っている野菜や食べ物をたくさん食べることが重要です。

ブロリコの入っているブロッコリーや、キャベツ、イモ類、大根、ゴボウ、レンコンなどの根菜類、シイタケやしめじなどのきのこ類、豆、海藻、雑穀、果物などを偏らないように食べましょう。

添加物を多く摂ることや偏った食生活をしないようにしよう

腸内環境を向上させるには、偏った食事をしないようにして、バランスが取れた食事をすることが重要です。

腸内環境を悪くする悪玉菌は、タンパク質や脂質を好む性質があるので、肉ばかり食べたり、トランス脂肪酸が多い食事をしていると、悪玉菌が増え、免疫力が低くなり、病気になりやすくなります。

最近の日本人は、食べ物が変化しており、添加物を多く撮ったり、高い脂肪、低い食物繊維の食生活が多く見られます。

そうではなくて、善玉菌を増やし、腸内環境を向上させるには、食物繊維、ビタミン、ミネラルを毎日適切に食べるように努力しましょう。

「ブロリコ」半額モニター募集

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。